僕には3匹の猫がある。ようやく恋人たちの十八番を

僕には3匹の猫がある。
ようやく恋人たちの十八番をご紹介します。

1.かなり作法が良い
私の飼っていらっしゃる猫たちは、みな作法がとても良いです。
しかも、それは教えたわけではありません。
作法というのは、たとえばどこで便所をするか、鳴いて騒がしい振る舞い、色んな所で爪をとぐ振る舞い、何かを壊す振る舞い、布物を汚すか破って仕舞う振る舞い、などです。
うちの猫たちにはそういうことがとってもありません。
それどころか、人間のように昼前起きてミッドナイト寝て、昼も割にひたすらしています。
もしかすると、人となりだと思っていらっしゃるかもしれないですね。

2.キャッチボールができる
私の猫たちは、家中でキャッチボールができます。
といっても、よく言う猫の話が分かる、というものではありません。
僕や世帯にとっても、猫たちの怒号は「にゃー」だ。
ここでのキャッチボールは、あまりジェスチャーに似ています。
恋人たちは、最近何がしよか、または何をやるかを、顔→怒号→アクティビティで表して来るが、こういう三段階できっと何を伝えようとしているのかが理解できます。
たとえば、水が欲しければその方角へって外見を取り回し、眼が見合うといった鳴いてサインし、近づくと誘導するといった感じです。

以上が私の猫たちに対する十八番だ。

女性の薄毛には育毛剤で対策を